home photoblog seriesphotos image blog ? diary contact

2006年07月26日

近況報告

Posted by hituki at 02:33 / Category: お気に入り(16) / 2 Comments

気がつけば、一年以上更新していませんでした(^^ゞ
この一年は、生活が一変したと言っていいぐらいの変化がありました。
趣味にあまり時間が割けなくなってきたのが、悩みの種です。
まあ、楽しいので無問題なんですけど、もう少し何とかしたいかな、なんて思ってます。

最近のお気に入りはエスキモーの期間限定PINOミント味伊藤園のさんぴん茶
PINOミント味は、外国製のミント入りチョコをあっさり目にしたような味で、さっぱりとしてイイ感じ。
さんぴん茶もジャスミン茶ほど香りがきつくなく、これまたさっぱりと飲みやすい。
最近はは他メーカーからもさんぴん茶が出てるようなので、いろいろ試してみようかと思ってます。

みなさんも機会があれば、どうぞ〜^^

2005年06月27日

うんちく

Posted by hituki at 17:18 / Category: ちょっと気になる(15) / 0 Comments

今日の朝刊にこんな広告が。

氏姓(うじかばね)解明講座

の、大きな文字。

その横を見てみると、

学んだそばから人に話したくなる
教養講座の決定版です!

なぬ! 学んだそばから人に話したくなるだと!

「僕の家系は、清和源氏の流れでね……」などど、ダレカレかまわずひっ捕まえては、うんちくをたれるオヤジが目に浮かぶ。

迷惑ですんで、そんな講座は止めてください(笑)

2005年06月22日

「塩」味のアイスクリーム

Posted by hituki at 17:33 / Category: お気に入り(16) / 0 Comments

今日、久しぶりにジェラートを食べました。

「メイプルシナモン」と「焙煎玄米」と「塩」。

どれも、おいしかったけど、「塩」の美味さにはびっくり!
塩とはいっても、文字通り塩加減が絶妙で、しょっぱくないんです。
一口食べると、程よい塩味のあとに来る、深みのあるミルクの味わいがなんともいえずウマい!

ジェラートタイプなので、あっさりとしていて、しつこくありません。

これはオススメ。一度食べてみてください。

ジェラートショップ テンダーボックス
大阪市北区天神橋1−11−3 06−6354−3741 10時〜19時 日・祝は休み
天神橋筋商店街の一番南側(アーケードのないところ)から入ってすぐのところです。

2005年06月07日

wowwowのCM

Posted by hituki at 17:24 / Category: ちょっと面白い(5) / 2 Comments

さんまと福山雅治がやすきよのまねをして漫才するヤツ。

最後の「まあまあかな」というさんまのセリフ。
これにはヤラレタと思いました。

福山雅治って、なかなかええねえ。

2005年05月02日

レイザーラモン住谷

Posted by hituki at 19:38 / Category: お気に入り(16) / 7 Comments

ご無沙汰しています。

最近、ブログを楽天でもやりだしたので、ここをどうしようかと思ったのですが、
まじめな話題は楽天で、それ以外(笑)は、こちらでいこうと考えてます。

まじめな話しから、ふたたび元のお気楽な話題にもどるというわけなんですけども。
方針がころころ変わるのは、まあご愛嬌ということで(^^;;

で、久々に更新しようと思ったきっかけは、友人から、いかにもゲイって感じの男が、「どうも〜、ハードゲイでーす」と、腰を振りながら人助けをしてるのをテレビで見たという情報を聞いたのがきっかけでした。

そこからネットで探して、その人物がレイザーラモン住谷と判明。

ん?これはひょっとして、と思い、さらにネットで調べてみると……
やっぱり!この人、吉本新喜劇に出てる住谷正樹じゃないですか!

一年ほど前、深夜のテレビを見ていて、吉本の若手紹介のコーナーで、黒い皮の袖なしジャケットに皮の半パンを履いてサングラスをかけた兄ちゃんが、腰を振りながらいきなり出てきた(しかも出番中、ずっと腰を振りっぱなし 笑)のを見て、かなりの衝撃を受けたのですけど、それ以来見かけず、あれが誰だったのかずっと気になっていました。

それから数ヵ月後、吉本新喜劇に、良く似た男性が出てたわけですよ。ちなみにギャグが「乳首か〜」(笑) ますますアヤシイと思いながらも、確信が持てず、もんもんとした日々を過ごしていました。

そうこうしてるうちに、先ほどの噂を聞きつけたというわけです。

あー、これですっきりしました。

それにしても、住谷さん、新喜劇のときより、ハードゲイキャラの時のほうが生き生きしてますねえ(笑)

今年はひょっとするとかなりブレイクするかも。
というか、私の中ではすでに今年上半期No.1キャラに決定してます。

2005年01月08日

今日のシンクロ

Posted by hituki at 18:01 / Category: 今日のシンクロ(3) / 0 Comments

仕事の予約をキャンセルする電話が入った直後に、別の人から同じ時間に仕事の予約が。。。

これってタイミングが悪い時は、順番が逆になってどっちもダメになる事もあるんですけど、上手くいくときはこんなもんなんですねえ。

究極のプラス思考は「何も考えない事」

Posted by hituki at 17:51 / Category: ちょっと面白い(5) / 2 Comments

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

去年の暮れからずっと、ちくちくとわずらわしい事がたくさん起きて、かなりブルーになってました(笑)
おきてくる出来事に反応して、自分のネガティブな部分もいやというほど出てきたり。。。

無線LANが壊れたり、年賀状が上手く作成できなかったりするなか、一昨日におきた、11月1日以のメールがすべて消えてしまうという事態に至っては、さすがに笑ってしまいました。
ここまでするか!って感じです(笑)

そうこうしながら、今朝仕事が暇だったので、英光舎のメルマガで紹介されていたサイトにアクセスして、こんなブログを見つけました。

打ち出の「かわらヅチ」日記

著者のかわらヅチさんは、この日記の昨年12月25日から変化(覚醒)されたそうで、その日記から読んだのですが、これがまた素晴らしいです!私が書いてもうまく伝わらないと思うので、ともかく読んでみてください。私はおかげでブルーな気持ちから復活できました。

日記を読み終わってぼーっとしてると、友人から電話が。
「オーラソーマのボトルセットを譲ろうと思ってるんだけど、いる?」
「えっ!譲ってーー!」
ということで、仕事場にオーラソーマのフルボトルのセットが来る事に!

この電話ぐらいからプラスのシンクロが起き始めています。

「何も考えない、今を感じるだけ」って凄いですねえ。

2004年12月28日

本田健さんの小冊子「きっと、よくなる」が当たりました!

Posted by hituki at 01:16 / Category: お気に入り(16) / 2 Comments

「幸せな小金持ちへの8つのステップ」「ユダヤ人大富豪の教え」で有名な本田健さんが、著作シリーズの100万部突破を記念して、2005年1月発売予定の次回作「きっと、よくなる」の小冊子を抽選で88,888部をプレゼントされると聞いて申し込んだところ、運良く当選しました。

s-kittoyokunaru.jpg


今日その本が届いたので早速読んでみることに。

(プレゼントします!詳しくは続きに。。。)

続きを読む・・・

2004年12月25日

サンタクロースは自分

Posted by hituki at 20:20 / Category: お気に入り(16) / 0 Comments

私の尊敬する人である本田晃一さんのブログにこんな一文がありました。

僕は、オトナになるって言うのは、 「サンタクロースはいない」と知った時ではなく、 「サンタクロースは自分だ」と知った時なんじゃないかなと思います。

いやー、しびれるフレーズですね。
今の状況は自分が作ったもの。これからどうなるかは自分が作っていくもの。
今どうするかで、自分の未来は決まっていく。
当たり前のことなんですが、つい忘れてしまいがちです。

自分の夢は自分でかなえるもの。
というよりは、夢は自分でかなえる事ができると言ったほうがいいのかも。

ワクワクしながら夢を見続けて、その為にできることをやっていけば、いつかはかなうのかもしれません。

じゃ、諦めなければかなわない夢は無いのか?と聞かれると、私にはわかりません。
ただ、夢を実現した人は夢を諦めなかった、ということだけは間違いないのでしょう。

「自分が、自分や誰かの夢に応えられる存在」なんだって、なんだか素敵ですね。


メリークリスマス!

2004年12月17日

今日のシンクロ

Posted by hituki at 12:17 / Category: 今日のシンクロ(3) / 0 Comments

またまた、お昼ご飯を食べながらテレビを見ていた。これも古ーいドラマで、主婦役の市原悦子が夫にもたれかかって背中を叩きながら「バカバカバカー!」っと叫んでいた。
ほうー、市原悦子って昔はこんな役もやってたのかーと思いつつ、何気にチャンネルを変えてみたら、今度は作家に扮する熊谷真美が、走り去る車に向かって叫んでいた。

「バカバカバカー!」

何か怒られるような悪い事しました、私?(笑)